ポンコツ女の大行進

気付けば妙齢の若手俳優ヲタク。

唐突映画レビュー/青空エール

そこそこ忙しいけど相変わらずそこそこ映画は観てるんです。
相変わらず少女漫画原作メインのラインで。邦画オンリーで。
4月に引っ越しをしてから10年近く通ったコスパのいいポイント制度のあるMOVIXには行けなくなってしまったけど、今はチャリ圏内にイオンシネマとTジョイ系列の映画館が2つあって実家にいた時よりさらに手軽に映画が楽しめるようになって嬉しい。
0時スタートとかの超超レイトショー(ミッドナイトショーだっけ?)があるのはすごい嬉しいんだけど、場所柄カップル率がすげー高い。
隣には結婚式場。金曜22時。寝間着みたいなかっこで一人映画。
別にいいんだもん映画好きだから!!!!

ちょこちょこ書いてた唐突映画レビューシリーズ、全然書けてない。
暇になったら書こうと思って数か月経ってどんどん溜まっていくので、長文じゃなくても記録残しておきたいなぁと思ってます。

先週はシン・ゴジラを観たんだけどね。
『シン・ゴジラ』あたまのわるい感想 - かんそう
↑現場からは以上ですって感じなのでとりあえずこの方の感想読んで。

今日は青空エールを観てきました。


いやーーーーーもう、年甲斐も泣くアホのように泣いた。
レイトだったから客がわたしとヤンキーっぽいカップルしかいなかったんだけどあんなでかい映画館でなぜか取った席が同じレスで、数席空けて並ぶわたしとヤンキーカップル。映画始まっておしゃべりするだけして爆睡するカップル。
隣で号泣するババァ。起きたカップルドン引き。地獄絵図でした。

わたしは割と感情移入して泣くタイプだけど、今回の映画のように高校時代に同じ高校の男子を好きになった事もないし、血反吐吐く思いをするような部活で汗と涙にまみれた青春を送った事もない。だから映画の中の彼らに対しては全然感情移入出来なかった。
高校生が主人公の映画見ると「あの頃に戻りてえええ」って思うけど、青空見ててもわたしには戻れる青春がないのであった(・・・)。
それでも、大人の事情が透けて見えない、純粋でまっすぐで、原作あるなし関係なく良質な青春映画になってた気がする。
まぁスポーツ青春恋愛映画としては全部割と使い古された展開で、ネタバレするまでもなく王道中の王道な展開で進むから多分立派な大人はこのパターンもう散々観たよって感じるかもしれない。でもちゃんと感動出来てストンって話が体の中に落ちてきたのを感じて、わたしはまだまだ心は若者だなぁと安心した。笑

わたしがずっとこじらせまくった青春時代を過ごしたから(今もこじらせたババァ時代を爆走中だけど)原作を読んでても主人公2人にはすごくイライラするし、実在したら絶対仲良くなれねぇな!って思ってたんだけど、つばさと大介を演じた土屋太鳳ちゃんと竹内涼真くんのあまりの邪気のない真っ直ぐな目つきを見たらもうイライラとか言ってるの申し訳なくなってくる・・・・何なのあの二人。子犬なの??
脇の出演者が割と皆お芝居うまいからそれに比べると二人のお芝居ってさほど上手くないと言うか、演技力でグッと来る感じではない。それでも、もう、劇中のつばさと大介を見てると「お前ら幸せになるよ!!これでデートでもしろ!!美味しいモン食え!!」ってお金をあげたくなる。まぶしすぎる。怖い。
配役発表された時は全然ピンとこなかったけどあの垢ぬけてないちょっとモヤモヤした感じが初々しくてとっても良かった。ひたすら影から眺めてたい。 水島くんは、マジで原作だと美少年だから葉山くんが演じると聞いた時のわたしの絶望感は半端なかったけどお芝居はとっても素敵だった・・・かっこよかった・・・世間的に見たら彼はイケメンじゃないかもしれないけど、わたしはとても好きだよ。

水島くんは原作でもとってもいいシーンがたくさんあって残念ながら沢山削られてしまったけど、それでも残されたシーンはマジで水島いい奴ってなるシーンばかりでもうわたしは大介より断然水島くん派。水島くんと付き合いたい。
つばさと水島くんの3年間に渡る友情物語は2時間の映画じゃそりゃ語りつくせないんだけど、最後の大会メンバーにつばさが選ばれた時の水島くんの口角を見れただけでもうわが人生一片の悔いなしだった。
でもやっぱりわたしはまれがとっても好きだったので、太鳳ちゃんと葉山くんが喋ってても姉弟にしか見えないんだよなぁ。まれを観る前にこの作品観たかったよ。
あと二人が並んでるのを見て愛しのふみかすを思い出したし例の高畑なんとか容疑者の事をちょっと思い出してしまったよね。

演技力としては志田未来ちゃんがダントツ飛びぬけて上手かった。迫真の演技すぎて逆に浮いてた。でもなんか未来ちゃんが演じる森先輩ちょいちょい昭和のレディースっぽかった。一生ついていこうと思った。
小島藤子ちゃんもよかったしのだめやってた上野樹里ちゃんが今度吹奏楽部の顧問役で出てるって言うのもなんだか感慨深くてよかった。

そして一応若手俳優界隈を好き勝手語るブログと謳っているので触れておくと、堀田新太はすげーいい仕事してた。原作でもいいやつだったけど城戸くんってこんなにときめきキャラだったっけ?って感じだった。
メガネでお調子者で包容力のあるキャッチャーって最高じゃね?キャッチャーとバンドのドラムはデブって言うのが通例じゃないの?最近キャッチャーもドラマーもデブいなすぎるよ!!!!
もうさ、腐の女子の皆さんはお察しの通りいつの時代でも野球作品のバッテリーと言うのはアレがアレでアレなんだよ。大介くんと城戸くんもアレがアレだから本当に素晴らしいよ。甲子園前の決勝のベンチでの会話だけで映画代払えるからね。

そしておなじみ山田裕貴さん。DATEオーデの時から見てて、顔とか全くタイプじゃないのになぜかわたしの心のリア恋枠にズカズカ入り込んでくる山田裕貴さん。「山田裕貴さん」呼びがデフォルト。わたしの心の恋人であり崇拝している山田裕貴さん。
なぜかわたしの観る映画観る映画、必ず主人公の周りをうろついている山田裕貴さん。今回も出る事知らなくて観てたらしれっと出てきて飲んでたアイスティー吹き出した。またあなたですか。出番めっちゃ少ないけど涙目で悔しがるシーンはとっても印象的で、思わず抱いてやろうかと思った。なんであんなに色っぽいんだろう。
最近ハイローとか出てたりするから新規増えたかな?
そんな新規の方にはD2が昔出した「めしとも!」ってDVDの全巻購入特典かな?D2メンバーとバーチャルご飯デートする頭のおかしいDVDがあるんですが、それが本当におすすめなので観てね。
ちなみにさっきNと「小松菜奈ちゃんと蒼ちゃんの映画観たい」ってLI NEしてたら「ねーそれも山田裕貴出てるよ?!!」って言われた。知らなかった。山田裕貴さんの見えない力が働いている。

 

原作を読んでた時の演奏シーンとか野球シーンの鳥肌って実写化して再現出来るのかなぁと思ってたけど、漫画の中で感じていた音と試合が三次元にきちんと落ちていて、実写化してよかったなぁと思えた。
とにかく吹奏楽部の演奏は圧巻!あの音の分厚さはDVDになってからじゃ感じられないから映画館で観てよかったって思った。鳥肌もの。学生のころから吹奏楽部の演奏聴くのは好きだったなぁ。(中学の時仮入部で吹部行ったけどマウスピースの音が一向に出なくて挫折)

2時間にまとめなきゃいけないから必然的に主役二人に尺が取られるんだろうなぁと思ってたけど、きちんと周りのキャラクターたちの挫折とか葛藤を拾ってくれてたのがよかった。森先輩のシーンとか絶対端折られると思ったし。
あと、基本的に原作にないシーンを勝手に入れたり展開を変えたりするのは反対なんだけど、今回は原作にないけどとってもお気に入りになったあるシーンがあって、原作信者が観たら余計な事するなって思うかもしれないけど、わたしみたいなライト層には映画を盛り上げる要素として機能してたんじゃないかと感じた。
三木監督の他の少女漫画原作とはちょっと毛色が違うなぁと思ったんだけどいつも組んでる脚本家じゃない人なんだね今回。いい改変でした。

 

本当にまっすぐで嫌味のない作品。
心が荒んだ大人が観るとあまりにベタすぎて恥ずかしくなるセリフや展開もめちゃくちゃ多いけど、なんか日々溜まるストレスのリセットが出来るような映画なので余裕がある人は是非。

あーーー恋してーーーーー
でもわたし大介くんがクラスにいても10000%恋しない自信がある。

 

ここ最近観た少女漫画原作の中ではちはらふるに並ぶ素晴らしさでした。