ポンコツ女の大行進

いにしえの若手俳優ヲタクの昔話

映画鑑賞2019(随時更新)

 ※随時更新します

1.春待つ僕ら

特に想像以上でも以下でもなく。
キャスト陣が全員大好きなメンバーだったので標準以上には楽しめましたがこれが違うキャストだったらもうちょっと低い評価してたと思う。
そろそろ「意図せず複数のイケメンから好かれてしまって本人はいい子なのに女子たちからなぜか嫌われてしまう女子役を演じる土屋太鳳」の物まねが出来そう。
太鳳ちゃんは大好きなんだけどこの手の役飽きたな。
そして我々全員の孫、小関が男を出す役をやる事に相変わらず慣れない。
君はいつまでも公園でトンネル掘って遊んでいておくれ。
北村匠海の湿度の高いお芝居がとても好きだな。とびっきり明るい役とかも見てみたい気もするけど。

2.チワワちゃん

お洒落映画。
もうちょっとしっくりくるかなと思ったけどこの系統特有の揺れるようなカメラワークに酔ってしまった。精神状態が万全状態の時のが楽しめたなと言う感じ。
門脇麦ちゃん目当てで見たけどやっぱりよかった。
あの子は俗に言う「こっち側」の人間をやる事に長けていて、今回の作品のメインになっているウェイ系?パリピ?(と言う言葉ももう令和になっては死語かな…)のライフスタイルに馴染みたいのに馴染めない、感じがとても上手だなと思った。
お洒落映画特有のワンカットが長いカメラワーク、画面も揺れすぎて酔った。
はたから見て可哀想な不毛な恋愛はしてきたけど、人生においてパリピだった時代が1秒もないからあの世界観に没入する事が出来なかったのが残念。
どこまでもわたしはこの映画に対して第三者だったなって言う印象。

3.十二人の死にたい子どもたち

サスペンスめっちゃ苦手だけど、それを加味してもキャストが豪華すぎて観なければと言う気分になって観た。
サスペンスだと思って観るとあまりの軽さに拍子抜けする。
わたしにはちょうど良かったけど。
十二人ほとんどが今トップクラスの有名若手俳優・女優ばっかりだったから、皆お芝居上手くて白けなかったのは良かったけど俳優女優個人の先入観とかノイズが入りすぎて没入出来なかった感はある。
しかし皆、ただ人気があるだけで集められたんじゃなくてお芝居きちんと出来るからすごいよなぁ。誰目線って感じだけど。
昨今の若い子たちは顔がいいだけじゃ生き残っていけないんだな。吉沢亮以外。
堤監督の作品って一見暗いけど最後小さい隙間から希望がちょっとだけ見える結末になっているのが好き。

4.翔んで埼玉

実写が決まった時、「こんなん誰が観るのww」とか思ってごめん。わたしも観た。
これを真剣にレビューするのも笑える感じなんだけど、
かなり面白かったです。
ただ、埼玉とか東京の細かい地名までわかってこそ面白いポイントが沢山あって、埼玉が東京都民からバカにされてる、くらいの知識だとついていけない部分が多数。
地方の映画館でのリアクションがどんな感じになってるのか気になる。
与野は黙ってろ!!!で都内の映画館は爆笑って感じだろうけど。特に池袋あたりの。
埼玉の中のヒエラルキーとかまで把握してこそ爆笑出来ると言う感じ。
わたしは劇中で言うところの天下の23区民なのに東京都民として人権を与えられない日本屈指のスラム街・ADACHI区出身で、よく埼玉県足立区っていじられてたので東京勢ってより埼玉勢側の気持ちで映画を観てた。
これって応援上映とかなかったのかな?埼玉での応援上映とかめっちゃ面白そう。
深谷の人はネギ振って応援しよう。
バカな映画でもこれくらい大金を使って撮ると素敵な作品になるね。

5.フォルトゥナの瞳

題材にはあまり興味がなかったけど若手俳優女優を撮らせたらピカイチの三木監督と神木くん、架純のタッグが観たくて。
わたしにとっては神木くんも架純ちゃんももう孫のようなものだから二人が恋人役を演じているのはときめきよりも恥ずかしさが勝ってしまった。
なんか見ちゃいけないものな気がした。可愛かったけど。
二人の事を役者として見すぎているのであんまり感情移入出来なくて、終始「神木と架純がラブストーリーやってるなぁ」みたいな気持ちにしかならなかった。
周り誰も泣いてる人いなくても一人で号泣するくらいとにかく涙もろいはずなのに、周りでちょこちょこ鼻すすってる音聞こえる中でわたしは1㎜も泣けなかったな。
とにかく三木監督が撮る神木くんと架純ちゃんが美しいけど、先が読めてしまったしラストシーンとかなんか非現実的過ぎて(まぁ設定自体がファンタジーだけど)なんかゴジラでも始まるんか?と思った。
自分の寿命と引き換えに死神の目を手に入れる的な、若干デスノとかぶるね。
僕らの志尊がよかったです。志尊はあんなり甘い顔しながら悪い役も似合うから素敵。
D2時代、志尊の事好きじゃなかったんですが本格的に役者やるようになって大好きになりました。お芝居が好き。

5.美人が婚活してみたら

面白くないであろう事はある程度覚悟の上だったんだけど、主人公の相手役が中村倫也田中圭とか、観る以外の選択肢がなかった。不可抗力。
独身の婚活美人と、その親友の既婚者が対照的に描かれてるけどどっちも自分の方が上だと思っている癖に自分の方が可哀想とも思ってて、どっちの女もムカついて観ててイライラしてしまった。
自虐風の自慢(皆わたしの事ご飯に誘ってくれるけどどうせヤリ目なんだ><とか、皆わたしの事いいって言ってくれたけど結局それって若いからってだけでしょ><とか)しながら相談してくる癖にアドバイスすると「そういう事じゃないんだよね、何もわかってない」とか言って聞く耳持たずにクソ男と地獄に真っ逆さまなこじらせ女も、「ずっと結婚したいと思ってたけどしたらしたで地獄だよ?独身羨ましー」とか言ってくる女もどっちも大嫌いすぎて…。でも絶妙に周りにいる感じ。
この映画の見どころは田中圭の正常位と中村倫也がホテルでパンツをはいたり脱いだりはいたり脱いだしはいたりする所のみでした。残念。

6.愛がなんだ

どんどん上映館広がっててすごい。これこそこじらせ映画の決定版と言う感じ。
観る人選ぶし評価も分かれそうだけどわたしは今年観た作品の中では一番好きだった。まー7月にトイストーリーあるから2019年1位には絶対にならないけど(決めつけ)
なんと言うか、好きって言う表現が正解なのかわからないけど、涙が一滴も出ないのに悲しくなったし吐きそうになった。
ひと昔前のわたしが観てたら映画館で手首切ってたかもしれないな。
客観的に見たら主人公はバカみたいで滑稽すぎるのに、当事者は純愛としか思えないんだよなーーーわかるしかない。

「好きな人の好きな人になれない」訳じゃなくて「自分の事を好きじゃない人しか好きになれない」が正しいなと思う。
この人わたしの事ちっとも好きじゃないんだろうなって気づいちゃうとどんどん好きになってっちゃう感じね。
色んな登場人物が出てきて、恋愛観も全然違うけど、形が違えど全部が愛だったなって思う。

岸井ゆきのちゃんと深川麻衣ちゃんの並びは朝ドラ感あったけど抜群にバランス良かった。
あと多分この映画観たヲタクは全員仲原くんの事が好きだと思います。
若葉くんはヤンキー役やってるイメージが強いんだけど(マイボスマイヒーローかな)今回みたいなザ文化系の湿っぽい男子やるのも上手だなと思った。
そしてやっぱり昨今の俳優界でクズ男をやらせたら成田凌の右に出るものはいないなと感じた。あの見た目のクズが好きな人にはぞっくぞくするくらいの役です。

7.名探偵ピカチュウ

これだけ世の中が騒いでいてもコナンの方の名探偵には全く興味がないのでこっちの名探偵を観てきた。内容的には名探偵要素とは?!って感じだけど。
そこまでみっちりプレイした訳じゃないしめっちゃ思い入れがある訳でもないけど初代ポケモン世代。
男女問わず赤か緑どっちかをやった事がある人が大半の世代。

映画の趣味がびっくりするくらい全く合わない旦那さんと共通言語のように、感想を言い合えるポケモンってやっぱり偉大な存在だなぁと思った。
もし自分があの世界の住人だったらパートナーにどのポケモン選ぶ?やっぱりパートナーにするなら可愛さよりスペック重視じゃない?みたいなくだらないディスカッションをお酒飲みながらダラダラするのが楽しかった。

ストーリーは良くも悪くもストレートで、途中で結末が読めてしまったけど、制作スタッフもちょうどわたしたちと同じくらいの世代なのかな?ってくらい「ポケモンが人間と共にいきる世界」と言うところを最優先にして大切に作ってくれた感があってとっても愛が溢れてて素敵な作品だった。

いくつになってもミュウツーがイケメンすぎて。
タキシード仮面様の次にイケメンだわ。

8.劇場版コンフィデンスマンJP

待ってましたーーって感じ!
そこそこ流行ってたドラマの劇場版って不完全燃焼な事が多いんだけど今回は連ドラでの歴代お魚ちゃん大集合って感じで、ドラマ観てなくても楽しいだろうけどドラマ観てたらめっちゃ楽しめると思う。
古沢さん脚本のあの会話劇的なのめっちゃ好きなんだけど多分ちょっと演劇っぽいからかな。テンポが快くてとても良い。コンゲームとも合ってるし。
ドラマでの最後の巻き戻しトリックで慣れてたから途中までは多分こことここがグルでーっての気付いたんだけどわたしの予想より2つくらい先に行ってた結末でした。
とにかくね!!!春馬がかっこよいから観た方が良い。
詐欺師の春馬のイメージビデオだと思っても十分にお金払えるくらい春馬が良い。
詐欺だとわかってても普通についていくと思っちゃう。
お亮と健と神木の短所は100個くらい言えるのに春馬の短所は笑顔が素敵すぎて全員の事勘違いさせてしまう事くらいしか見つからない。
広末涼子とか竹内結子もめちゃくちゃ良かったし、端から端まで豪華キャストで素敵。
トリック知った後にもう一回観に行きたいくらい満たされました。