読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツ女の大行進

気付けば妙齢の若手俳優ヲタク。

舞台俳優応援スタンス/愛とはつまりお金です

トピック「応援スタンス」について
相変わらずジャニヲタ界ははてブロが賑わってていいなぁ。俳優厨もついったーに篭ってないで出て来ればいいのになぁ。
これ、楽しそうで俳優厨界隈にもじわじわ広がっているのでわたしもやりたい。
(※9/15:言及してくださった方を追加させてもらいました。ありがとうございます!読むのめちゃくちゃ楽しかった~)

舞台俳優応援スタンス〜地方在住20代社会人の場合〜 - 妄想8割

舞台俳優応援スタンスを見て私もやりたくなった - 夢を見させてくれ

舞台俳優応援スタンス*ゆるい、ゆるすぎるおっかけ - おっかけいぼ

ファン2周目のわたし - いちばんぼしにとどくまで

舞台俳優応援スタンス - 日々是好日

若手俳優応援スタンス〜多分、きっと、全力〜 - ギリギリを全力で生きている

応援スタンス~声優と少しの2次元編 - 日々雑感

舞台俳優応援スタンス(寅太篇) - 来て、見て、書いた。

南関東民の若手俳優応援スタンス。 - アイデンティティ、きみ。

舞台俳優応援スタンス<基本編>兼自己紹介 - OshiKAWA!!!

 

■基本情報

・アラサー社会人
・神奈川在住 ヲタク全盛期は都内実家暮らし

■担当
ラケット舞台の五代目青学の人。
別に隠すつもりもないしむしろ過去のエントリーとか見たら簡単にわかるけど俳優の名前でぐぐって同厨がこのブログに辿り着くと申し訳ないので。
未だにわたしを嫌ってる同厨の方も多分このブログ見ていらっしゃると思うので、今後は細々と生きていきます。

■好きになる基準
・ゴリラっぽい
・お調子者
・頭がよくない
・口がでかい
・時折情緒不安定
・お芝居愛がある
・花形キャラじゃない
※過去の推しはテニミュOBを中心にたくさんいるけどあんまりキラキラした人や人気のあるキャラを演じてるキャストは好きにならないので氷帝立海とかのキャストにはハマりにくいし青学も不二役とか菊丸役にはハマらない傾向。

■雑誌を買う基準
そもそもデビューして10年近く経ってるけど両手で足りる程しか雑誌に掲載された事がないので出てる雑誌は全て買ってる。
ジャンプやベスステとかにはたまに載るけどグッカムとかキャスプリとかには呼ばれた事がほぼない。
てか両誌とももうないって本当ですか?歳がバレるね。
グッカム全盛期のDボの公式ほもっぷりはひどかった。推し変した後もどうしてもあのへんの雑誌は処分出来ずにいるよ。

■映像を買う基準
破産するほどの本数がないので全部買う。
でも店舗別の特典の為に複数買いとかはそんなにしないし、したとしても特典だけ貰って発売日に速攻売ったりしちゃう。
あと基本的に見れればいいタイプなので保存しとかなくていいかなって言う作品はある程度観たら売ったりしちゃう。

■現場に行く基準、遠征に行く基準
基本的に全作品全イベント参加。
でも一作品最低一公演って感じで全通とかにこだわりはなかった。だから毎日入ってるヲタクの方々の事は本当に尊敬してる。
最低初日中日楽と3回。好きな役柄や好きな話でも5〜8公演くらいしか入ってなかった。テニスは別だけど。今一演目あたり何公演くらいやってるのか知らないけどあの頃80公演とかやってたから半分も多分行けてなかったと思う。それでも30くらいは頑張ってた・・・・
とってもヲタク孝行な人なので地方公演を今までほとんどした事がなくて、テニス以外で彼の舞台観に遠征した事はないかもしれない。テニスもかなり地方公演に力を入れてた時期だったので半分くらいしか遠征してないと思う。わたしの人生で旅行したって言える遠出は半分以上がテニスを観に行く遠征で、「遠征」じゃない「旅行」ってほとんどした事ないなぁって最近改めて思った。やばい。

■グッズ写真を買う基準
写真はほぼ100パーセント買う。公演パンフは役柄と作品の好き度により購入率は8割くらい。
いくら使えばコンプ出来るのかわからないようなトレーディング系の缶バッジや写真は一度引くと出すまで意地になりそうで怖いからあんまり手を出しません。と言うかその文化が蔓延し始めたのってここ1、2年じゃない?わたしが高校生の頃からこの鬼物販商法があったらもっと湯水のようにお金を使ってたかもしれないけど実際やった事って何度かしかないかも。
出演者の中でダントツ一番人気!!!みたいな感じではないから大体ついった張り付いてれば譲ってくれる方が見つかるし。

■プレゼント/手紙について
一作品1〜2通程度。初日に「ここが楽しみです!」的な手紙を書いて、楽日に「ここがよかったです!」って手紙を書く。初期はイベントの時とかには必ず書いてたけど段々減っていったかな。
初期の頃はとにかく認知!出席確認!!!みたいな感じで全く中身のない「わたし○○!観に来たよ!!!」みたいな内容の手紙を毎回書いてたりした。いい迷惑だね。

プレゼントは、テニスのデビュー日にあげた物を早速使ってくれてる事がわかった10年近く前のあの日から細々と貢ぎおばさんをしてました。
毎回ブランド物あげてる人達には遠く及ばなかったけど、とにかく使ってる事が確認出来る物優先で服とかアクセとか身につける物ばっかりあげてた。あげたら1度は必ず着て(使って)くれてたからわたしもプレゼントし甲斐があったし(まぁ営業だとは思うけど)、誰が先に着てもらえるか合戦みたいになってた時期はちょっと怖かった。若気の至りでちゃっかり参戦しまってたけど。

今話題の彼女に横流しとかの情報は全然わたしには入ってこなかったけど、イベントの私物プレゼントで他のヲタクの手に渡るくらいなら彼女に横流ししてくれた方が3億倍マシだと思うのであんまり気にしなかった。

周りは10万くらいするセットアップとかあげてたけどわたしの好きな人は2000円のグラニフのTシャツでも着てくれてたのであまり高価なプレゼントはした事ないと思う。
一度だけ本人が欲しがってた5万強の家電をあげた事があるけど1万越えの物は誕生日くらいにしかあげてなかったかな。

■同厨
仲良く出来ない派。別にリア恋とかじゃいけどどうしても性格上張り合ってしまうから。
一時期は、相手よりも優位でいれる状況でしか推しかぶり出来ないなら余程のド新規とか全然現場来れない地方住みの子とかなら仲良く出来るかなって思ったんだけどそれでも無理だったからもう一生孤高のファイターでいようと思った。
過去のエピソードや彼の情報を知ったかぶりする人も嫌いだったし、DVDでしか観た事ない癖に「○○時代が神だったなーあの頃にまた戻りたいー」とか言う人も大嫌いだった。
DVDでしか観てない癖にあの瞬間の彼をリアルタイムで観てたみたいな発言をする人があまりに多すぎてもう新規全員無理になった。
過去は過去だよねーって昔の作品観ずにきゃーきゃー馴れ合ってる若い子のノリも苦手だったし、古参は古参でなんか妙齢たちの太客合戦みたいになってて、新規は若すぎるし古参はおばさんすぎるしちょうどいいスタンスの人に出会えなくて結局7年以上ソロ活動だった。あまりに群れなすぎて俳優本人にも心配される始末。
まーー寂しいのなんのって。次俳優ヲタするユニットとか入ってる人を追いたい。誰追ってる時も同厨が無理なんじゃなくて、過去にハマった荒木くんとか高木ツインズとかは全然皆で仲良く出来たんだよなぁ。多分自分より古い時代の彼を知ってる人が周りにいたら、この人が追ってた過去をわたしは絶対体験出来ないな、どんなにお金と時間を使っても叶わないなって感じるから平気なのかなぁ。

■総合的な応援スタンス
咎め愛、貶し愛は嫌われるけどわたしは絵に描いたようなそのタイプで、例えばどなたがわたしの推しを「○○なとこかっこいいよねー」って珍しく褒めてくれても「え、どこが?!大丈夫?疲れてる?!」みたいに言ってしまう。
基本的にはイケメンだと思ってないし、さほど顔がタイプな訳ではないし、わたしが見てる彼の8割〜9割はゴリラに育てられた熱くておバカな青年と言う感じで、舞台の上でたまに見せるかっこいい瞬間にドキッとしたりはするけど、なんか目がハートになりながら追ってるって感じではなかったなと思う。
だけど「あぁあああかわいい天使はすはす~~~~//////」みたいな感じでも全然ないし、「まーた馬鹿な事やってるなぁ」って鼻で笑ってるくらいが一番心地よくて、やっぱり24/365かっこいい~~ってドキドキしながら応援してる人とは全く価値観が違かったなぁって思った。

あとは、基本的にその俳優にお金を払えば払うほど偉そうな口を叩いていい世界だと言うのがわたしの考え方で、ついったに貼りついて毎日朝昼晩リプを飛ばして定期的に手紙を書いてる人より、ついった見ない・ブログもコメントしない・手紙も書かないけど舞台全通してる人のが数千倍わたしは素敵だと思ってる。

「行けないけど応援している」人って「応援」してねーからな!!!
学生だから・未成年だから・地方住みだから・親が厳しいから、もちろん個人個人でそれぞれの事情があるし、それ自体を否定する訳ではないけど、行けない理由は俳優には関係のない事だから、事情がある事を押し付けて行けない事を正当化して通ってる人と対等でいようとする人は嫌いだなわたしは。

毎年一定数消えていく人はいるけど、若手俳優の人数自体は急増傾向にあると思うからその分この界隈を追ってる人口も増えていってると思う。
ただ、愛を謳いたいならお金を使おう。
それだけは全員に今一度ご確認いただきたいなぁと感じる今日このごろでした。