ポンコツ女の大行進

気付けば妙齢の若手俳優ヲタク。

唐突映画レビュー/DEATH NOTE Light up the NEW world

原作と10年前の映画に思い入れがありすぎて今回は底辺の底辺を覚悟して見に行ったので世の中で酷評される程ひどいとは思わなかった。

 

10年前に頭の悪いJKだったわたしは原作を理解するのがすごい大変で、何度も何度も読んでやっと飲み込めたくらいなので、今回の頭脳戦の少なさや稚拙な争奪合戦は1回で理解できてちょうどよかったのかも。
ただミサや松田の使い方が雑すぎてそこはやっぱり気になった…。
当時の事件を唯一知ってる松田をあそこであんな殺し方する必要がストーリー上あったのか?
まー警戒もせず月くんの声に釣られてのこのこドア開けちゃうアホっぷりは相変わらずで安心したけど。

ミサが10年誰とも付き合わずに月の事を想い続けて自ら名前を書いて死んだのなんか辛かったな。
そのまま生きてずっと世間を脅かし続けて欲しかった。

藤原竜也と松ケンコンビが最高で最強だったのでそれを越える事はさすがに出来ないとしても、キャストも個人的にはよかったと思う。
池松菅田コンビの芝居がすごい上手いので東出くんの芝居は絶対浮くだろうと思ってたけどそこまで気にならなかったし、むしろ不器用で要領の悪い若手警察官として好感が持てたくらい。

単純だったとかただの銃撃戦になってたとか文句はあるし、突っ込みどころも満載ではあるけど、10年前に夢中になってた世界が帰ってきてくれたのは単純に嬉しいし、うっかり涙しそうなシーンもあった。
新しい死神たちも美しかったね。
アーマがとっても素敵だった。
リュークは相変わらずかわいくて大好きだけど、ヘルメットはがしゲームなんかにのるような死神ではなかった気がするから残念。
手伝ってくれない意地悪なリュークが好きだったのになぁ。

このストーリーだと続編いくらでも作れそう。解決してないし。
大きな声では言えないけど三島と竜崎の関係が最&高だったのでぜひそこを観てくれ。